ダウントン・アビー Wiki
Advertisement
ダウントン・アビー Wiki
ファイル:41.jpg 情報の書き込み大歓迎!

ぜひ編集ボタン1編集ボタン2の編集ボタンをクリックして、
こちらの記事に知っている情報を書き込んで編集に参加してください。
※Wikia外からのコピペは禁止。
※記事下にある英語ページリンクの翻訳大歓迎です!
書きかけの記事について詳しくは、ヘルプ:書きかけのページについて

サラ・オブライエンはダウントン・アビー、ロバート・クローリー(グランサム伯爵)家の伯爵夫人付の侍女。
※詳しい書き込み募集中

人柄[]

侍女としての能力は高い。が、反面”能力に見合った待遇”は得られないと考えている。

不遇の中(本人としては…、だが。)で、楽しみは他人の不遇、不幸を鑑賞し楽しむ事。

その為の努力は、進んでやれるくらい優れている。

だが、決して悪人ではなく、良心は持っている。

ただ、悪乗りが過ぎる”意地悪さん”なだけなのだ。

ある事件以後、ベイツよりも強力な”その敵”から、逃亡しなければならい事態を招く。

※書き込み募集 参考:ロバート・クローリー

生い立ち[]

コーラに忠誠心はあるが、どこか打算的な忠誠心しか持てないのは、根っからの庶民の所為でしょう。

普通の当時のイギリス庶民であり、身内にシェルショックの後遺症で苦しんだ者もいる。

※書き込み募集 参考:ロバート・クローリー

登場シーズン[]

シーズン1から、シーズン3まで登場。

従者ベイツと常に敵対関係にあったが、末期は、盟友トーマスを潰そうと画策中にやりすぎ自滅。

自らダウントンを去るが…。

その去りっぷりは、最後まで彼女らしく身勝手で素晴らしかった。※書き込み募集 参考:ロバート・クローリー


※赤いリンクは、そのコンテンツに関する記事がまだありません。
その記事を作成して、ぜひ編集に参加してみませんか?

ヘルプ:新しい記事の作成について

Advertisement